プロも認めるこだわり食材、興和の「ベジリッチ」を使ったレシピサイト
58

イタリアンパセリと
トマトのポークカレー

調理時間 20分

エネルギー 533kcal

Message from FOOD CREATOR

フライパン一つでさっと炒めて作るお手軽カレーです。スパイスを使って、味は本格的に仕上げています。豚肉の代わりに、鶏肉でも美味しく作ることが出来ます。スパイス類はすべて揃えられなくても大丈夫です。

FOOD CREATORも絶賛! おすすめのベジリッチ

今回のレシピでは「イタリアンパセリ」を使っています。

ベジリッチのご購入はこちら
FOOD CREATOR 堀池美由紀 PROFILE

材料 2人前

豚肩肉うすぎり200g
トマト2個(150g)
にんにく1/2かけ
しょうが1/2かけ
イタリアンパセリ7g(1袋)
玉ねぎ1/2個(120g)
75㏄
ココナッツミルク25㏄
小さじ1/2
黒こしょうひとつまみ
白飯2膳分
サラダ油大さじ1
《 ホールスパイス A 》
カルダモン3粒
マスタードシード小さじ1/4
シナモン3㎝
《 パウダースパイス B 》
コリアンダー大さじ1/2
クミン小さじ1
ターメリック小さじ1/4
カイエンヌペッパー小さじ1/4
※ABの各種スパイスがない場合は、カレー粉大さじ1と1/2、粒マスタード大さじ1を行程5にまとめて加えても大丈夫です。

栄養成分1人前

たんぱく質21.6g1
脂質28g
炭水化物52.8g
食塩相当量0.8g
ビタミン A71.7μg
βカロテン790μg
ビタミンC25mg
ビタミンK42μg
カルシウム53mg
葉酸46μg
ビタミンE2.1mg1
ビタミンB10.7mg1

栄養監修

Goo Goo Foo 管理栄養士・フードライフプランナー 平原あさみ

栄養ポイント

豚肉には糖質をエネルギーに換えるビタミンB1を多く含みます。抗酸化力の高いスパイスも多いので、パワーチャージができるカレーです。

作り方

  • トマトはざく切りにする。にんにく、しょうが、イタリアンパセリはみじんぎりにする。玉ねぎはくし形に切り、さらに横半分に切る。豚肉は食べやすい大きさに切る。
  • フライパンに油を熱し、ホールスパイスAを入れふたをして弱火にする。
    FOOD CREATOR'S POINT!ホールスパイスは油に溶ける性質があるので、必ず熱した油で炒めましょう。
  • 粒マスタードのはぜる音がしなくなったら、にんにく、しょうが、玉ねぎ、塩ひとつまみ(分量外)を入れ、ふたをして、玉ねぎが茶色くなるまで中火で3-4分炒める。

    FOOD CREATOR'S POINT!玉ねぎに塩を加え、さらにふたをして中火で炒めることで、素早くあめ色玉ねぎを作ることが出来ます。
  • トマト、イタリアンパセリの半量、パウダースパイスBを加えてさらに1分ほど、トマトの形がなくなるまで炒める。

    FOOD CREATOR'S POINT!
    イタリアンパセリを炒めることで、カレーに奥行きを出します。
  • 豚肉を加え、表面が白くなるまで炒めたら、水を加え、ふたをして3-4分煮込む。
    仕上げにココナッツミルクを加え、塩、こしょうで味を整える。

  • ご飯と共にカレーを盛り、残りのイタリアンパセリを散らす。


    FOOD CREATOR'S POINT!
    最後にイタリアンパセリを加えて、カレーにフレッシュさを出します。

Vegerich(ベジリッチ)も入ったお得なセットはこちらで購入いだけます。