プロも認めるこだわり食材、興和の「ベジリッチ」を使ったレシピサイト
51

ルッコラとローストビーフの
パフェ仕立て

調理時間 20分

エネルギー 343kcal

Message from FOOD CREATOR

ローストビーフをお花に見立てて飾るので、母の日にもうれしいメニューです。写真映えする盛り付けやプロの味つけをお手軽に再現できるように一工夫しています。グラスに入れた雑穀や野菜、ローストビーフなど様々な食感を楽しめます。

FOOD CREATORも絶賛! おすすめのベジリッチ

今回のレシピでは「ルッコラ」を使っています。

ベジリッチのご購入はこちら
FOOD CREATOR 和田 千奈 PROFILE

材料 2人前 グラス4個分

ルッコラ2袋
エンジェルレタス1/2袋
セロリ1/4本
きゅうり1/2本
玉ねぎ1/4個
茹でた雑穀(もち麦など)50g
ローストビーフ(市販)100g
《 ソース 》
バター5g
薄力粉ひとつまみ
ひとつまみ
しょうゆ小さじ1/2
わさび小さじ1/4
〈A〉
50ml
みりん大さじ1
〈B〉
サワークリーム大さじ1
オリーブオイル大さじ2
レモン汁小さじ1
小さじ1/4

栄養成分1人前

たんぱく質14.1g
脂質15.5g
炭水化物30.1g
食塩相当量1.3g
ビタミンA92.6μg
βカロテン920μg
ビタミンC19mg
ビタミンK63μg1
カルシウム59mg
葉酸61μg
亜鉛2.7mg1
ビタミンB120.8mg1

栄養監修

Goo Goo Foo 管理栄養士・フードライフプランナー 平原あさみ

栄養ポイント

亜鉛は基本的な食事をしていれば不足することはないと言われていますが、近年では若年層に不足がみられるようです。細胞を作るのに使われたり、発育の維持にも使われる大切な栄養素です。

作り方

  • ルッコラは飾り用に少量残して粗みじん切りにし、セロリは筋を取って粗みじん切りにする。きゅうりと玉ねぎは5mm角に切る。玉ねぎは耐熱容器に入れ、ラップをしないでレンジ600wで約1分加熱し、粗熱が取れたらキッチンペーパーなどで包んで水気をしっかりと絞る。

  • バターは室温に戻すか、耐熱容器に入れ、ラップをしないでレンジ600wで5〜10秒加熱し、柔らかくなったら薄力粉を加えてよく混ぜ合わせる。

  • 小鍋にAを入れ、煮立たせてアルコールを飛ばし、2を加えてとろみがつくまで煮る。塩、しょうゆで味をととのえ、わさびを混ぜ合わせる。


    FOOD CREATOR'S POINT!
    通常ローストビーフには赤ワインソースを添えることが多いのですが、酒(日本酒)をソースに使うことによって、ルッコラなどの野菜の持ち味や香りを引き立てます。日本酒自体に旨味が強く、かといって赤ワインのように強い味わいではないので、さっぱりとした食材に非常によく合います。簡単に作れますので是非チャレンジしてみてください。
  • ボウルにBを入れて混ぜ合わせ、茹でた雑穀、1の飾り用のルッコラ以外を加えて混ぜる。グラスに入れて残りののルッコラ、エンジェルレタスをのせ、ローストビーフをお花の形に巻いて飾る。3のソースをかけていただく。


    FOOD CREATOR'S POINT!
    ローストビーフは半分に折って端からクルクルと巻き、もう1〜2枚を周りに巻き付けてお花の形に整えます。

Vegerich(ベジリッチ)も入ったお得なセットはこちらで購入いだけます。